Tag: PC

LibreOffice on Apple Silicon

半年前に Apple に戻ってきたわけだが、かなりの書類は Linux上のLibreOfficeで作成していたし、今もしている。ところが、どうも Rosetta2上での LibreOfficeが不安定になるときがあり、Apple Siliconでネイティブに動くのはいつかいな?と思っていた。ふと、LibreOffice 7.2のリリースノートを眺めていたら(明日、国際学会だというのに…)、こんな記述を見付けた。 ということで、テスト・バージョンではあるけれどもダウンロードしてみた。今のところ問題はないみたいだが、細かいところでは何か出てくるかも。続報を待て(あるかどうか分からんが)。

Read More

Mac復帰

そんなこんなで一年以上このブログを放置しておりました。結局 Facebookとかで近況を書いてしまう;PCに関して新しいことをほとんどしていなかった;コロナ禍で研究もそれほど進まない;ネタがない、などが理由です。 さて、FBではちょこっと書きましたが、久々にMac買いました。AppleがIntel CPUを採用したときに一度Appleを見捨てました。Intelだったら他のもっと安いWindows PCにLinux入れりゃ快適じゃないか、という理由でした。2006年のことですね。かれこれ15年たって、5年落ちのDell XPS 13 (9350)だと厳しいことが増えたので、買い替えに至りました。 なんでMacかというと、 英語キーボード・モデル。 Intel 飽きた、Ryzenとか面白そう。 英語キーボードを諦めてもRyzen搭載Laptopを年度末までに入手できるか不確定。 Apple M1チップ面白そう。 オンライン授業のために導入した iPad Pro とも相性よかろう。 SKK, Emacs, LaTeX使えりゃいい。 あ、MS Officeもそのまま使えるんだった。 というような考えで、Macbook Air 13 (8/16/1T)を購入しました。 これまでにしたこと。 Aqua SKK 導入。 MacPorts導入。(Emacs.appとか、TeX関連はもうこれで) MS Word/Excel/Powerpoint 導入。 LibreOfficeも導入。 MacFuse導入。 MacPortsも15年離れていたが、色々手を入れたくなる。

Read More

HDPIでコンソール

個人的なメモ。 Dell の xps 13 (9350) を数年使っているのだけれど、Archlinux(に限らないが)をインストールするときに、HDPIの液晶ディスプレイだとコンソールのフォントが小さすぎるのです。そんなときには、コンソール・フォントを大きなものにすれば良いのです。 デフォルトの状態(インストール時はまずこの状態ですね)なら、 でしょう。その後、terminus-fontをインストールすれば、 がデカくて良いです。 永続的にするならば、/etc/vconsole.conf に FONT=”ter-132n” と書き込んでおけば良いですね。

Read More

SSDに換装

ここ数年 Acerの Aspire V5-171を使っている。安かったし、英語キーボードがebayなどで簡単に手に入るからだ。 で、一ヶ月ほど前にHDDが何やら怪しい感じになったので、壊れる前にSSDに交換した。交換したのは、SSDも安くなったものだと感じいってしまう crucial  CT512MX100SSD1。二万円台で512GBだし、評判も悪くない。 それまでは、Gentoo Linuxを使っていたのだが、compileに疲れてしまった、しかしパッケージにない野良ビルドも管理上避けたいということで、Arch Linuxを入れてみた。戸惑うこともあったが、実に順調だ。Libreofficeのアップデートが数分で終わるのは有り難い。 しかし、SSDは快適だ。数万円をケチっていたのがバカみたいだ。3.5万円のPCに2.4万円のSSDでもいいじゃないか。

Read More

CUPS-.1.6以上でのプリンタ共有

cupsのバージョンが1.6以上になってから、プリンタ共有の方法が変更になり、ノートPC→デスクトップに接続したUSBプリンタへのプリントができなくなっていた。 [Note PC] —wifi—(router)—ethernet—[Desktop PC]===[Printer] という構成。PCのOSはどちらも Gentoo Linux。結論を先に書くと、Note PC (client)側の /etc/cups/cups-browsed.conf に BrowsePoll [Desktop PC (server)のアドレス] を書き加えて、(client側の)cupsd, cups-browsedを再起動すれば良い。client側のcupsが、server側のcupsのプリンタを探してきてくれる。

Read More

Aspire V5-171のカードリーダー

昨年新調したAcer Aspire V5-171だが、SDカードリーダーがLinuxで使えなかった。カードは、Broadcom NetLink BCM57785 (Integrated Gigabit Ethernet and Memory Card Reader Controller) というもので、この”integrated”というのがイカンらしい。Ethernetは機能しても、カードリーダは機能しない。 カーネルのドライバは tg3 で、これを rmmod,modprobeするというWorkaroundもあったが、うまく行かないので放っておいた。 “lspci -vt”の結果は -[0000:00]-+-1c.2-[04]–+-00.0  Broadcom Corporation NetLink BCM57785 Gigabit Ethernet PCIe |            \-00.1  Broadcom Corporation BCM57765/57785 SDXC/MMC Card Reader で、こことかここを見てみたら、 “setpci -s 00:1c.2 0x50.B=0x41 “というwordaroudがあったので、試してみたら上手く機能した。

Read More

New PC

そろそろ3年使ってきた Gateway EC1400 も飽きてきた処理速度などに不満が出てきたので、PCを新調した。Gatewayの母体であるAcerの Aspire V5 V5-171-H54C/S。Acerにしたのは、安いからということもあるが、Gatewayのできが悪くなかったこと、アイソレーションキーボードを採用しているのがだ、トップカバーを汎用できるようなデザインになっており、ebayで20ドルくらいで英字キーボードを買えば交換できること。交換は、PCを三枚におろす必要があるが、それほど難しくはない。分解に必要なサービスマニュアルもネットで見れる。良い世の中になったものだ。 その英字キーボードだが、最初に買ったものは”G”のキーが利かないという不良品だったりして、三枚おろしを幾度か繰替えすことになった。それでも、無事まともなキーボードに交換、HD交換、メモリ追加を行ない、Windows 8を窓から投げ捨て、Gentoo Linuxを入れて、環境が整った。セロリンから省電力とは言えi5への移行なので実に快適である。

Read More