Tag: PC

TeX Live 2011 on gentoo

大学だの学会(文系)にはびこるMS Office依存もそろそろ何とかならないものか、と思いつつも今のところどうしようもないので、要求されればWordの書類を提出していたりする。(それでも基本、LibreOfficeで作成して、MS Word形式で保存して、再度MS Wordで整えるだけだが。) 自分の文章を書くときは、慣れ親しんだ emacs + auctex + LaTeX なわけで、やっぱり BibTeXを使った Reference管理はやめられない。 TeX Live 2001になって、ptexliveの成果が相当盛り込まれたというので、確かめてみたが、「相当」ではあっても(少なくとも僕には)「十分」ではないようだ。結局、「TeX Live 2011 への追加日本語パッチ」を利用しての野良コンパイルだ。

Read More

Start

小四の長男が、Windowsマシンを使ったら(普段はMacOS Xマシンを使わせている)、Startは分かるけど、Stopはどうするの?と、至極真っ当な、そして懐しささえ感じる台詞を吐いた。

Read More

New PC

久しぶりにPCを新調。とはいっても型遅れのノートPC、Gateway EC1400-31K。39,800円。この性能のPCを、型遅れとはいえこの値段で買えるとは、良い時代になったものだ。 搭載OSはWindows Vista Home。どうせWindowsをメインでは使わないので、どうでも宜しい。どうしてもWindows、というかWindows版のMS Office を使わなければならないときは、Virtual Machine上のXPで十二分。 Recovery Disk作成後、さっさとHDD交換、メモリ増設、Gentoo Linux導入。あとツルテカ液晶なので、ノングレアフィルムを貼った。あとは、ebayで買ったUSキーボードが届くのをまつばかりで、十二分な性能のモバイル機となる。 Gentoo 導入については、そのうちまとめるか…。そんな時間があるか?

Read More

Ebview

うっかりebを4.3.2から4.4.1にバージョンアップしたら、ebview-0.3.6がsegmentation fault吐いてお亡くなりになられた。ググル先生にお尋ねしたところ、こちらに原因と対処法が書かれていた。で、そこに書かれているよりも後ろ向きに、ebを4.3.2にダウングレードして対処した。 ebviewのソースを弄るのが本筋だろうが、そんな力はない。ebviewも開発止まってるし、そもそもEPWINGというJIS規格自体がどうなの?って時代だよなぁ。アクセント付きのアルファベットさえ外字だものなぁ。それでも、使わざるを得ないのだが…。

Read More

ATIでハマる

授業でプロジェクタを使っていた。で、amdcccle で出力を切替えたりしていた。一回、操作を間違えた。したら、1280×800のスクリーンが、2560×800となって横にビヨ〜ンとなってしまい、どうにもこうにもならないし、スクリーン自体が荒れてしまい(ウィンドウを動かすときちんと再描画されない)、どうにもこうにもブルドッグだった。 ググってみた情報から、/etc/ati/amdpcsdb  が非常にsmellということが分かった。いい加減ブチ切れかけていたので、/etc/ati 以下をサクージョしてから、ati-driversを入れなおして解決ズバット。 ATIプロプラドライバもまだまだっぽい。

Read More

追加購入

MSI Wind U100 黒、英語版、兄よりの注文によりもう一つ追加で購入。行きつけの店では最後の一台とのこと。間に合って良かった。大分にいる兄に送る前に、Windows XP 英語版上で日本語環境を整えなければいけない。

Read More

Ubuntuに戸惑う

そんなわけで、MSI Wind U100 を手に入れた以上、Unix/Linuxを入れずにはいられまい。とは言うものの、Gentooでしこしことコンパイルするのも辛いと思われるので(でも昔Casio FIVA206でFreeBSD使ってたことを考えれば不可能ではないか…)、Ubuntuを使ってみることにする。1スピで、出先なのでCDドライブもなく、ここを参照して、USBメモリスティックから起動してインストールした。 その後の設定では戸惑うことばかりで、まだバリバリ使える環境にはなっていない。また、これについては、まとめようと思っている。

Read More