Tag: PC

LaTeX & Unicode

普段からTeX環境は、Linux上でもOSX上でも、土村さんのptetex3を使わせていただいている。ここにきて、田中さんが、upTeX, upLaTeX − 内部unicode版 pTeX, pLaTeX の実装実験 を開始した。素晴しい。年度が明けたら(?)、試してみよう。

Read More

AIGLX + Beryl + Xfce4

現実逃避のため、表記の組合せをGentoo Linux on Dynabook SS1610遊んでみた。インストール等は、Gentoo XEffects Wikiとかを参照。Xfceは、xfce-base/xfce4-4.3.99.2-r1をunmaskしてみた。

Read More

Windows税

英語で言えば「Windows Tax」(Wikipedia(en)の記事)。 これに関して、こんな記事があった。「私はGNU/Linuxユーザでありフリーソフトウェアを信奉しているので」という部分はちょっと何だが、こういう選択肢はあってしかるべきだと思う。なにしろ、Windowsが嫌いな僕でさえも、WindowsMeのライセンスを二つも持っていたり、2000もXp HomeもXp Proもライセンスを持っている。今使っているPCは、一台だけなんだけど…。ま、2000はvmware上で、XP Proはデュアルブートにして使ってはいるけれども。 この記事の著者は、Dellから52.50ドル「還付」してもらったらしいけど、そこまでの手間をかけて6000円ほど、というのは考えてしまうなぁ。インドネシアだと、FreeDOSとかLinux(ディストリがなんだかは知らんけど)が入っている機種もあるが、大抵はロースペックのマシンなので、いまいち触手が動かん。そもそも、そういうマシンを買う人のほとんどは、海賊版のWindowsを入れるんだろうけど。 そろそろ新しいPC欲しくなってきたなぁ。(Windowsは要らね。)

Read More

docbookとplatex-utf8

文系には珍しく、(La)TeXなんぞで文章を書いている僕であるが、あまりの汎用性のなさ(そりゃそうだ)に気が滅入ることがままあった。かと言って、所謂ワープロソフトで文章を書くのは厳しい(ましてや、そのワープロがMS Wordだった日にゃぁ、もう)。しかしまた、.tex.→dvi→.pdf という変換でできるPDFの美しさは捨てがたい。 ということは、TeXよりも汎用性の高いフォーマットで文章を書き、印刷したりPDFを作成するときはTeXを経由すれば良いではないか。その汎用性の高いフォーマットとは何だろうか? とりあえず、xml だろうということで、smartdocとかdocbookとか見てみる。積極的に開発され、メンテされているという点で、docbookを使ってみる。

Read More