インドネシア検定 10月16日開催

Next Page »

  • Muhammad Muhibbudin. Catatan dari Balik Penjara: Goresan Pena Revolusi Pramoedya Ananta Toer. Yogyakarta: Zora Book, 2015. [978-602-70522-6-0]
  • Esquire Indonesia (ed.). Semua orang pintar mencuri: Kumpulan Cerpen Esquire Indonesia #1. Jakarta: Gramedia Pustaka Utama, 2015. [978-602-03-1486-0]
  • Esquire Indonesia (ed.). Pesan untuk Kekasih Tercinta: Kumpulan Cerpen Esquire Indonesia #2. Jakarta: Gramedia Pustaka Utama, 2015. [978-602-03-1485-3]
  • 45 Penulis GPU. Cerita Cinta Indonesia: Kumpulan Cerita Pendek. Jakarta: Gramedia Pustaka Utama, 2014. [978-602-03-0517-2]
  • TEMPO (ed.). Muhammad Yamin: Penggagas Indonesia yang Dihujat dan Dupuja. Seri Buku TEMPO: Babak Bangsa, Jakarta: KPG, 2015. [978-979-91-0836-4]

(more…)

ジャカルタに来てます。まずは文学。

  • Yudhisitira ANM Massardi, 99 Sajak. Jakarta: KPG, 2015. [978-979-91-0913-2]

Pak Yudhisが詩集を出したとなれば、詩なんてほとんど読まない僕でも買わざるを得まい。

  • Sapardi Djoko Damono, Hujan Bulan Juni: Sepilihan Sajak. Jakarta: Gramedia, 2013. [978-979-22-9706-5]
  • Sapardi Djoko Damono, Trilogi Soekram. Jakarta: Gramedia, 2015. [978-602-03-1478-5]
  • Sapardi Djoko Damono, Bilang Begini, Maksudnya Begitu. Jakarta: Gramedia, 2014. [978-602-03-1122-7]

Sapardi Djoko Damonoの詩集と短編集が並んでいたので、もしや亡くなったのか、と思ったが、ご健在でした。失礼しました。

(more…)

友人より訳本を頂いた。ありがとう。

  • ジャン・ポーラン(安原伸一朗訳)『百フランのための殺人犯』書肆心水、2013。[ISBN: 978-4-906917-19-8]

    アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
    一度ページを再読み込みしてみてください。

ストレス発散に本を買っているのではないかとも思われる今日この頃。

今日はFISIPOL UGMの中庭で小さなPameran Bukuをやっていて、Pondok Cerpenという店で古い本を見付けて、以下のものを買った。

  • Noorca Mahendra Massardi. Tin-Ton. Jakarta: Budaya Jaya, 1979. [ISBN: n.a.]
  • Taufiq Ismail. Sajak Ladang Jagung. Jakarta: Budaja Djaja, 1973. [ISBN: n.a.]
  • Mochtar Lubis. Situasi dan Kondisi Manusia Indonesia Kini. Jakarta: Budaya Jaya, 1977. [ISBN: n.a.]
  • Rosihan Anwar. Kisah-kisah Zaman Revolusi: Kenang-kenangan Seorang Wartawan 1946-1949. Jakarta: Pustaka Jaya, 1975. [ISBN: n.a.]
  • Sutrisno Kutoyo. Prof. H. Muhammad Yamin S.H. Jakarta: Departemen Pendidikan dan Kebudayaan, 1985. [ISBN: n.a.]

(more…)

そんなこんなでジョグジャに来ているものの、こんなに気乗りしないで来たのは初めてだ。それでも本屋には行く。

  • Budi Sardjono. Nyai Gowok. Jogjakarta: DIVA press, 2014. [ISBN: 978-602-255-601-5]

アフマド・トハリの『パルック村の踊り子(Ronggeng Dukuh Paruk)』にgowokについての下りがあったことを思い出して購入。Gowokってなにさ、という人はトハリの小説を読んでください。ちなみに、 “novel kamasutra dari jawa”というコピーがつけられていることから想像しても良いです。

  • Eka Kurniawan. Seperti Dendam, Rindu Harus Dibayar Tuntas. Jakarta: Gramedia, 2014. [ISB: 978-602-03-0393-2]

インドネシアの若手(と言ってもアラフォー)作家で一番面白いと思っている人。2002年の Cantik itu Luka は『美は傷」として邦訳されているので是非皆様に読んでもらいたい。

  • Norman Erikson Pasaribu. Hanya Kamu yang Tahu Berapa Lama Lagi Aku Harus Menunggu. Jakarta: Gramedia, 2014. [978-602-03-0448-9]

知らない人なんだけど、Kompas紙に掲載された短編が評価されているようなので購入してみた。1990年生まれ!

  • Mohamad Bondan. Memoar Seorang Eks-Digulis: Totalitas Sebuah Perjuangan. Jakarta: Kompas, 2011. [ISBN: 978-979-709-598-7]

これは何か安くなっていたので。


Fatal error: Call-time pass-by-reference has been removed in /home/pelopor/www/omongkosong/wp-content/plugins/wp-tmkm-amazon/xml.php on line 63