昼に友人宅にお邪魔したあと、グラメディアに行ってみた。 Heru Prasetia & Edi Jatmiko. Gus Dur van Jombang. Yogyakarta: Bentang, 2010. [ISBN: 978-602-8811-05-7] こちらは、一昨年亡くなったアブドゥルラフマン・ワヒッド元大統領の伝記漫画。 Nani Nurani Affandi. Penyanyi Istana: Suara Hati Penyanyi Kebanggaan Bung Karno. Yogyakarta: Galangpress, 2010. [ISBN: 9780602-8174-28-2] Rus Dharmawan. Inkonsistensi Gerakan Radikal Kiri: Praktek Politik Kaum Komunis di Indonesia. Bantul:  Kreasi Wacana, 2011. [ISBN: 978-602-8784-23-8]

Tony PrabowoとGoenawan Mohamadの手による『オペラ:タン・マラカ』は既に昨年10月に初演を終えている。このオペラのTV録画放送が東ジャワのマランとクディリで放送禁止になったという話だ(本日付のKoran Tempo)。当局がその番組が「左」臭く、社会に不穏を引き起こしうると判断した模様。

スハルト体制32年で染み付いたものはなかなか拭い去れない。しかし、法的根拠はあるのだろうか。

Continue Reading "Opera Tan Malaka"

先日のエントリに関して、文学研究者の友人から「何の話をしているの?インドネシア研究者なら分かるの?」と尋ねられた。「インドネシア研究者でも必ずしも知っている訳ではないよぅ」と答えたものの、一応補足をしておこう。 Aiditとは1950〜60年代インドネシア共産党のリーダー(書記長、中央 委員会委員長など)、Njoto(ニョト)はAiditを支えた指導部の一人(中央委員会副委員長、機関誌『人民日報(Harian Rakjat)編集長など)。この二人は1965年の9月30日事件の後、殺された。Sjam(シャム)はインドネシア共産党の非公然諜報部のトップで国軍や官僚機構への浸透を指導していたとされる人物。非公然組織を率いていただけあって謎の人物で、国軍の二重スパイ だったとも言われたりする。9月30日事件には逮捕されたが、どうも獄内での待遇が良かったらしい。死刑になったことになっているが、実は刑は執行されていないなんて話もある。

先月インドネシアに行った某先生に買ってきていただいた本。

  • Julius Pour. Gerakan 30 September: Pelaku, Pahlawan & Petualang. Jakarta: Kompas, 2010. [ISBN: 978-979-709-524-6]
  • Tempo (ed.) Aidit: Dua Wajah Dipa Nusantara. Jakarta: KPG, 2010. [ISBN: 978-979-91-0279-9]
  • Tempo (ed.) Njoto: Peniup Saksofon di Tengah Prahara. Jakarta: KPG, 2010. [ISBN: 978-979-91-0268-3]
  • Tempo (ed.) Sjam: Lelaki dengan Lima Alias. Jakarta: KPG, 2010. [ISBN: 978-979-91-0281-2]
Continue Reading "インドネシアで買ってきたもらった本"

そういえば最近買った本のメモを忘れていた。 Arnold C. Brackman. The Communist Collapse in Indonesia. Singapore: Asia Pacific Press, 1970. [ISBN: n.a.] Arnold C. Brackman. Indonesian Communism: A History. New York: Frederick A Praeger, 1963. [ISBN: n.a.] Malcolm Caldwell (ed.). Ten Years’ Military Terror in Indonesia. Nottingham: Spokesman Books, 1975. [ISBN: n.a.] デヴィ・スカルノ 『デヴィ・スカルノデヴィ・スカルノ自伝』文藝春秋, 1978。[ISBN: n.a.] デヴィ・スカルノ 『デヴィ・スカルノ回想録―栄光、無念、悔恨』草思社, 2010。[ISBN: 978-4-7942-1754-7] 最後の二冊はほとんど趣味だな。上の三つは自炊するか…?

数日前、amazon.co.uk に注文していてDVDが届いた。子供のものも含め、ついでの買い物もしたのだけど、メインはこれ。

  • Land And Freedom, directed by Ken Loach, 1995.

その昔に映画館で見たのをずっと見直してみたいと思っていた作品。昔は日本でVHSを発売していたが、DVDはないようなので、結局輸入となった次第。

Continue Reading "DVDづいている"

数ヶ月前に、ずっと前に買っておいた『光の雨』のDVDを見た。その話をある先生にしたら「いや、連合赤軍ならやっぱり『実録・連合赤軍』だ!」と力強くおっしゃっていた。それからヤフオクでチェックしていたのだが、ようやく安価に入手できた。まだ見てないし、しばらく見れそうもないんだが…。 『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』(若松孝二監督、2008)。 『光の雨』(高橋伴明監督、2001)。