古い雑誌を見て面白いのは広告だ。前のエントリで書いた『別冊 1億人の昭和史 日本ニュース映画史―開戦前夜から終戦直後まで―』の表紙裏にはカメラクレジットの広告。流石に知らないけど、「カメラメーカー・卸・小売三者共同設立の日本で唯一の月販組織」らしい。複数のメーカーのカメラが並んでいる広告だ。8mmカメラもあるのだけれど、スティルカメラのみ取り上げてみよう。

  • Nikomat FT2(ニッコール50mmF2) 標準価格 64,000円
  • Minolta XE(50mm F1.4 ブラック) 標準価格 110,000円
  • ヤシカ エレクトロ35GX (40mm F1.7 ブラック) 標準価格 35,000円
  • Konica Autoreflex T3(50mm F1.4 ブラック) 標準価格 80,800円
  • ペトリ FTE (55mm F1.7) 標準価格 47,400円
  • リコー エルニカF(40mm F2.8) 標準価格 25,000円
  • Canon AE-1(50mm F1.4 S.S.C.) 標準価格 81,000円
  • Asashi Pentax K2(50mm F1.4) 標準価格 100,000円
  • Zenza Bronica ETR (ゼンザノンE 75mm F2.8) 標準価格 155,000円
  • Mamiya M645(80mm F2.8 C付)標準価格 92,000円
  • Topcon New IC-1(55mm F1.8)標準価格 52,500円
  • Olympus OM-1(50mm F1.4) 標準価格 74,500円

僕がカメラを始めたころにはもうカメラ事業から撤退していたペトリやトプコンも出ている。今となってはミノルタ、コニカ、ヤシカも撤退しちゃったなぁ。あ、ゼンザもか。

5 thoughts on “1977年雑誌広告

Leave a Reply

Your email address will not be published.