五月雨式に本が届く。 ノーマン・G・フィンケルスタイン(立木勝訳)『ホロコースト産業―同胞の苦しみを「売り物」にするユダヤ人エリートたち』三交社、2004年。[ISBN: 4-87919-158-2] ご存知の方もおられるだろうし、書名からもおおよその内容が分かるかと思うが、ホロコーストをネタに儲けるユダヤ人を、両親がナチ収容所の生き残りであるユダヤ人著者が糾弾する書。アメリカのメディアで黙殺されたという話から根の深さを感じる。著者を支持するチョムスキー自身が当初は、そんな研究をしたらアカデミックな世界で干されるよ、と警告をして、実際その通りになっているらしい。

数日前にamazonで買い物をしたときに安い古本を見付けて注文していたのが、昨日届いていた。

Continue Reading "昨日届いた本"

色々なところに注文していた色々なものが届いた。

まずは、amazon.comから届いたDVD。

  • 40 Years of Silence: An Indonesian Tragedy. Director: Robert Elson. Elemental Production.

Official Siteもある。1965年の9月30日事件のあとに起きた虐殺を扱った作品。ようやくDVD化、そして入手できた。

Continue Reading "ここ数日で届けられたDVD・本"

友人のHasta君が知らせてくれた。以下の五冊の本を検察庁が今年中発禁にしたらしい。(リンク先はインドネシア語) Dalih Pembunuhan Massa Gerakan 30 September dan Kudeta Soeharto karangan John Rosa Suara Gereja bagi Umat Tertindas Penderitaan Tetesan Darah dan Cucuran Air Mata Umat Tuhan di Papua Barat Harus Diakhiri karangan Cocratez Sofyan Yoman Lekra Tak Membakar Buku: Suara Senyap Lembar Kebudayaan Harian Rakjat 1950-1965 karya duet Rhoma Dwi Aria Yuliantri dan Muhidin…Continue Reading “発禁”

帰国を明晩に控え、買い物をする。まずは、Gramedia@Blok M。

  • Aminuddin Kasdi, Kaum Merah Menjarah: Aksi Sepihak PKI/BTI di Jawa Timur 1960-1975. Cetakan Ke-2, Surabaya: Yayasan Kajian Citra Bangsa & Centre Indonesian Communities Studies, 2009. [ISBN: 978-602-95565-0-6] (Cetakan Pertama oleh Penerbit Jendela, Yogyakarta, 2001)
  • Saleh As’ad Djamhari (eds.), Komunisme di Indonesia, Jilid I: Perkembangan Gerakan dan Penghianatan Komunisme di Indonesia (1913-1948). Jakarta: Pusat Sejarah dan Tradisi ABRI, 2009.  [ISBN: 978-602-95565-2-0 (set)]
  • Saleh As’ad Djamhari (eds.), Komunisme di Indonesia, Jilid II: Penumpasan Pemberontakan PKI (1948). Jakarta: Pusat Sejarah dan Tradisi ABRI, 2009.  [ISBN: 978-602-95565-2-0 (set)]
  • Saleh As’ad Djamhari (eds.), Komunisme di Indonesia, Jilid III: Konsolidasi dan Infiltrasi PKI (1950-1959). Jakarta: Pusat Sejarah dan Tradisi ABRI, 2009.  [ISBN: 978-602-95565-2-0 (set)]
  • Saleh As’ad Djamhari (eds.), Komunisme di Indonesia, Jilid IV: Pembrontakan G30S/PKI dan Penumpasannya. Jakarta: Pusat Sejarah dan Tradisi ABRI, 2009.  [ISBN: 978-602-95565-2-0 (set)]
  • Saleh As’ad Djamhari (eds.), Komunisme di Indonesia, Jilid V: Penumpasan Pemberontakan PKI dan Sisa-sisanya (1965-1981). Jakarta: Pusat Sejarah dan Tradisi ABRI, 2009.  [ISBN: 978-602-95565-2-0 (set)]

二冊目以降は今月2日に買ったBahaya Laten Komunisme di Indonesia (1995)と同じものだろうから買うかどうか迷っていたのだが、同じものかどうかを確認せねばなるまいと購入。

Continue Reading "ラスト・スパート?"

16〜18日の三日間だけジョグジャに行ってきた。UGMの歴史学科の先生にインタビューするのがメインの目的。次に、以前に Ahmad Tohari に一緒に会いに行ったHasta君に頼んでいた本を貰うため、あとは本を買ったり、Hasta君を含めた友人に会うため。

で、買った本。まずは初日 Mal MalioboroのGramediaにて。

  • Putu Oka Sukanta dkk. Lobakan Kesenyapan Gemuruh Bali ’65: Antologi Cerita Pendek. Depok: Penerbit Koekoesan dan Lembaga Kreatifitas Kemanusiaan, 2009. [ISBN: 978-979-1442-36-9]
  • Katrin Bandel, Sastra, Perempuan, Seks. Yogyakarta and Bandung: Jalasutra, 2006. [ISBN: 979-3684-53-4]

Putu Okaはこんなものも出していた。収集するのもきりがない。Martin
も書いている。Katrinは、あまり好きなタイプではないのだが、それだけに読んでおこうかと思った。それだけ。

Continue Reading "Jogja Kembali"

昨日というか一昨日になってしまったが、日中ふらふらと Plaza Semanggi に行ったのでグラメディアに寄った。 Rudy Badil and Luki Sutrisno Bekti and Nessy Luntung R (eds.), Soe Hok Gie… Sekali lagi. Jakarta: Kepustakaan Populer Gramedia, 2009. [ISBN: 978-979091-0219-5] 1960年代に活躍し、スメル山で夭折した活動家・研究者についての本。好きな人なので買っておく。ニコラス・サプトゥラが彼を演じたので楽しみにしていた GIE という映画は残念な出来だった。そのニコラスや映画関係者も文章を寄せている。ニコラスの文章はそれなりに面白いかな。 Christopher Koch (trans. by Yuliani Liputo). The Year of Living Dangerously: Cinta di Tengah Gejolak Revolusi 1965. Jakarta: Serambi,2009. [ISBN: 978-979-024-177-0] 英語の小説。これは映画にもなっていてメル・ギブソンが出ている。随分昔にO先生宅で見た記憶がある。これを今更訳して、”Dialrang terbit oleh rezim…Continue Reading “昨日もふらふら…”