Tag Archives: History

昨日買った本@Gramedia, Amplaz, Jogja

週末なので、アンバルクモ・プラザに行ったら、帰りのタクシー捕まえるのにひどく苦労した。

  • Taufik Abdullah, Sukri Abdurrachman dan Restu Gunawan (eds.). Malam Bencana 1965 dalam Beliran Krisis Nasional, Bagian 3 Berakhir dan Bermula. Jakarta: Obor, 2013. [ISBN: 9780979-461-864-6]

2012年に1・2巻がまとめて出版されて、それで終わりだと思っていたら、第3巻が出てた。

  • Ahmad Tohari. Mata yang Enak Dipandang. Jakarta: Gramedia, 2013. [ISBN: 978-602-03-0045-0]

アフマド・トハリが1983年から1997年までにKompasKartiniなどに発表した短編のアンソロジー。でも初出情報がないものものあるんだが、書下しということもなかろうから、初出がどこだか分かんないのだろうな。

  • A. Muttaqin, Agus Noor dkk. Cerpen Pilihan KOMPAS 2013: Klub Solidaritas Suami Hilang. Jakarta: Kompas, 2014. [ISBN: 978-979-709-838-4]

恒例の『コンパス』紙掲載の短編集。Gerson Poykなんて懐しい(失礼だな)な名前や、Putu Wijayaの名前も見える。Seno Gumira の “Aku, Pembunuh Munir”というのはタイトルだけで刺激的だが、「俺は薄汚い犬だ、だからムニルを殺した。」なんて台詞で始まる。楽しみ。

  • Eka Kurniawan. Corat-Coret di Toilet. Jakarta: Gramedia, 2014. [ISBN: 978-602-03-0386-4]

昨日も紹介したエカ・クルニアワンの『便所の落書き』というタイトルの短編集。なんでそんなタイトル?と思ったら、同タイトルの短編の最後にこんな下りがあった。

最初の落書きはこうだった。「僕は議会のおっさんたちを信じない、むしろ便所の落書きのほうを信じる。」

次の落書きはこうだ。「僕も。」

そして残りの百もの落書きもまた、「僕も。」と書いていた。

レフォルマシ以降の議会批判でした。痛烈と言えば痛烈かな。B.アンダーソンが「俺、これ翻訳するぜ」って推薦文書いてはる。

Continue reading 昨日買った本@Gramedia, Amplaz, Jogja

カンボジア、ポルポト時代を描いた小説

  • ヴァディ・ラトナー著(市川惠理)『バニヤンの木陰で』河出書房新社、2013年。[ISBN: 978-4-309-20647-9]

    バニヤンの木陰で

    バニヤンの木陰でBooks

    Authorヴァディ ラトナー

    CreatorVaddey Ratner, 市川 恵里

    Publisher河出書房新社

    PublishedApril 14, 2014

    Category単行本

    No. of Pages409

    ISBN4309206476

    Supported by amazon Product Advertising API

僕と同年代の著者は、75〜79年にクメール・ルージュの支配を経験し、81年に母と共にアメリカに脱出した。その頃の僕は、今考えると大した悩みもなく、のほほんと田舎で暮していたわけで、その経験の密度の差に愕然とする。

この自伝的小説の原著は英語で書かれている。著者が中学に上がるくらいの年代からアメリカにいたのだから、当然と言えば当然なのだが、カンボジア人がカンボジアでの生活を描くのにクメール語を使わない(使えない)状況が、カンボジアの悲劇を際立たせているような気がする。(著者がクメール語を使えるか否かは、まだ知らないし、マーケットの問題もあるだろうが。)

これから暫く忙しいのだけれども、時間を作って読んでみよう。

今更ながらではあるが購入した本

 

The Act of Killing

書くのを忘れていたけれども、インドネシアの9月30日事件に関係する映画が公開されている。『アクト・オブ・キリング(The Act of Killing)』だ。詳しくは WEBで、ということではあるのだが、奇妙なドキュメンタリーという意味でも面白いかもしれない。インドネシアに興味がない他人でも楽しめると思う。

頂いた本

1965年9月30日深夜、というよりも10月1日未明に起きた「国軍左派によるクーデタ未遂事件」とされる事件について。僕の研究テーマでもある。書評書かんといかんかな?

ジョグジャ航空博物館

先月ようやくジョグジャカルタにある航空博物館(正式には、Museum Pusat TNI AU “Dirgantara Mandala”)に行ってきた。アジスチプト空港近く、空軍基地の内部にある。そのときの写真を幾つか。

まずは軽く(?)ムスタング

Mustang
Mustang

次は、ここを訪れる日本人のほとんどはこれが目的であろう、零戦。戦後パプアで鹵獲されたものらしい。現存する機体は日本に10機、海外に17機あるうちの一機。

零戦1
零戦1

Continue reading ジョグジャ航空博物館