インドネシア検定 10月16日開催

Next Page »

fcitx-skkのローマ字入力とカナの対応は、libskkに依存している。で問題は “z9″→”(”[全角]、”z0″→”)”[全角]、”z “→” ”[全角]あたりがないこと。

で、$HOME/.config/libskk/rules/ を作って、そこにカスタマイズしたローマ字→カナのルール(対応表)を置く。/usr/share/libskk/rules/default の中身を改変。

# mkdir -p $HOME/.config/libskk/rules/MyRule
# cp -R /usr/share/libskk/rules/default $HOME/.config/libskk/rules/MyRule/

これで、$HOME/.config/libskk/rules/MyRule/metadata.json の “name”の値を変える。

{
"name": "MyRule",
"description": "My typing rule"
}

次に、$HOME/.config/libskk/rules/MyRule/rom-kana/default.json に以下を加える。

"z ": ["", " " ],
"z9": ["", "(" ],
"z0": ["", ")" ],

あとは、fcitxを再起動すれば、設定から MyRuleを選択できる。

長らく日本語の入力にはSKKを使ってきた。Emacs上ではddskk、その他X上ではUIM-SKKを愛用してきた。

んが、euc-jpベースの生活ではどうにもならないというか、礼を失することになる場面が増えてきた。自分自身の名前も「髙(はしご高)」なのだが、これはあまり気にしていない。しかし、他人が相手だと、その人が気にしようがしまいが、やはり異字体は異字体で書かねばなるまい。これだけunicodeが普及してきたのだから、対応できる限りは対応したいものだ。

UIMではどうしようもないので(patchを当てる方法はあるらしい)、fcitx-skk について調べてみた。fcitx-skkのデフォルトの文字コードをUTF-8にした fcitx-skk-plusというものもあるが、できるだけオリジナルのfcitx-skkでなんとかしたい(パッケージのバージョン管理が面倒だから)。そもそもUTF-8でないと対応できない文字も日常的にはそう多くはない。

fcitx-skk-plus (とrskkserv)のblogにヒントがありました。「『﨑』だけなら、SKK-JISYO.JIS3_4 をUTF-8に変換してやってエンコードを指定して辞書指定してあげればすみました。」と。辞書の文字コードを指定できるのであれば、必要最低限の辞書をUTF-8で作って、辞書リストに加えれば良い。SKK-JISYO.JIS3_4なんかも、EUC-JISX0213を指定すれば良いだけじゃないか!

そこで見付けたのが、fcitx関連のTipsについて書かれたblog。ありがたい。

辞書リストの位置

$HOME/.config/fcitx/skk/dictionary_list

デフォルトの文字コードは、EUC-JPで、デフォルトの dictionary_listは以下のようになっている。

 file=$FCITX_CONFIG_DIR/skk/user.dict,mode=readwrite,type=file
 file=/usr/share/skk/SKK-JISYO.L,mode=readonly,type=file

どちらの辞書も EUC-JPだ。これ以外のエンコーディングの辞書をどこかに置こう。僕は $HOME/.skk_dic というディレクトリを作成して、そこにSKK-JISYO.JIS3_4と、自分で作成した SKK-JISYO.UTF-8 という辞書を置いた。

$HOME/.skk_dic/SKK-JISYO.UTF-8 の中身

 ;;; -*- coding: utf-8 -*-
 こうち /髙地/

とりあえず、これだけ。

$HOME/.config/fcitx/skk/dictionary_list を改変

file=$FCITX_CONFIG_DIR/skk/user.dict,mode=readwrite,type=file
file=/usr/share/skk/SKK-JISYO.L,mode=readonly,type=file
file=/usr/share/skk/SKK-JISYO.jinmei,mode=readonly,type=file
file=/usr/share/skk/SKK-JISYO.geo,mode=readonly,type=file
file=$HOME/.skk_dic/SKK-JISYO.JIS3_4,mode=readonly,type=file,encoding=EUC-JISX0213
file=$HOME/.skk_dic/SKK-JISYO.UTF-8,mode=readonly,type=file,encoding=UTF-8

こんな感じにした。最後の2行(太字部分)にエンコーディング指定の辞書を指定している。これで変換できた。「髙地」とか「山﨑」とか。

追記(こっちが重要)

その後、色々弄っていたら、dictionary_list の内容から “encoding=xxx”の部分が消えていたが、どうやら文字コードは自動判別するっぽい。dictionary_list を直接弄らずに、単に追加すれば良いらしい。

UTF-8の文字(「髙」とか)を学習するように、user.dict のエンコーディングも UTF-8 に変更した。

 

夏前にPCを Dell XPS 13 (9350)に替えたのだが、映像出力のために買った、純正のDA200は Linux 上ではHDMIが機能しなかった。まぁVGA使えるから良いか、と思っていたら、後期の授業が始まってみたら、HDMIしか使えない教室の授業があった…。

ということで、「Plugable USB 3.1 Type C(USB-C)- HDMI 2.0」というのを買ってみたら、何のことはない、あっさり出力できた。音声も問題ない。バカみたい。

uname -a
Linux 4.8.4-1-ARCH #1 SMP PREEMPT Sat Oct 22 18:26:57 CEST 2016 x86_64 GNU/Linux

aur/displaylink 1.2.65-1 [installed] (25) (1.81)
Linux driver for DL-5xxx, DL-41xx and DL-3×00

今更ではあるが、先日、兄の遺した、HDDの壊れた iPad Classic を開腹し、ZIF→CF→microSDXC と変換して 128GB化した。ついでにバッテリーも交換しといた。開腹の際に傷を付けてしまったが、まぁまぁか。

使い勝手は良い。どうせrockbox化しないとFLACは聴けないのでmp3で聞くわけだが、うちのPCのmp3フォルダ、56GBしか無い。連続再生で24日以上かかるのにぃ。まだまだ入れられるぅ。

UM30pro よりも、IE8の方が合うようだ。

問題は、そんなことをしている暇はないはずだ、ということだ。

(more…)

  • 12:31 AM 「ヨドバシ・ドット・コム:ご注文ありがとうございます」
  • 12:52 AM 「ヨドバシ・ドット・コム:クレジットカード決済のご利用確認が完了いたしました」
  • 5:07 AM 「ヨドバシ・ドット・コム:ご注文商品出荷のお知らせ」
  • 8:59 AM 「ヨドバシエクスプレスメール便:ご注文商品配達開始のお知らせ」
  • 9:18 AM「ヨドバシエクスプレスメール便:ご注文商品配達完了のお知らせ」

在庫のある小さなものだったとは言え、翌朝買いに出るより速いという…。

喪中につき、目出度くはないのですが、昨年中も様々な方々のお世話になり、また多くの方にご迷惑をおかけいたしました。

今年もご迷惑をおかけすることもあると存じますが、よろしくお付き合いください。

Info utk teman2 berbahasa Indonesia yang menggunakan Garmin GPS (bukan bersi Jepang).

Jika Anda datang gowes di Jepang, susah cari peta Jepang terbaru utk Garmin Anda? Nah, sebenarnya ada peta gratis berdasarkan OpenStreetMap (OSM). Sayangnya, situs web dimana kita bisa download peta itu berbahasa Jepang saja! Makanya saya memberi petunjuk untuk download dan installnya.

(more…)

Next Page »