カンボジア、ポルポト時代を描いた小説

Categories Books, Southeast Asia
  • ヴァディ・ラトナー著(市川惠理)『バニヤンの木陰で』河出書房新社、2013年。[ISBN: 978-4-309-20647-9]

    バニヤンの木陰で

    バニヤンの木陰でBooks

    Authorヴァディ ラトナー

    CreatorVaddey Ratner, 市川 恵里

    Publisher河出書房新社

    PublishedApril 14, 2014

    Category単行本

    No. of Pages409

    ISBN4309206476

    Supported by amazon Product Advertising API

僕と同年代の著者は、75〜79年にクメール・ルージュの支配を経験し、81年に母と共にアメリカに脱出した。その頃の僕は、今考えると大した悩みもなく、のほほんと田舎で暮していたわけで、その経験の密度の差に愕然とする。

この自伝的小説の原著は英語で書かれている。著者が中学に上がるくらいの年代からアメリカにいたのだから、当然と言えば当然なのだが、カンボジア人がカンボジアでの生活を描くのにクメール語を使わない(使えない)状況が、カンボジアの悲劇を際立たせているような気がする。(著者がクメール語を使えるか否かは、まだ知らないし、マーケットの問題もあるだろうが。)

これから暫く忙しいのだけれども、時間を作って読んでみよう。

Leave a Reply

Your email address will not be published.